神道大教大和八幡神社は、常勝の郷「勝田」に坐す縁起の良い神社です

当社ブログ「心も体もまぁるく」にリンクします


お電話 : 047-487-2951
FAX : 047-481-6525

参拝時間 : 9時~17時
受付時間 : 8時30分~12時30分
       13時30分~17時30分
  お休み  : 毎週水曜日、21日、他


お問い合せ




御祭神

・天之御中主神
・高皇産霊神
・神皇産霊神
・伊邪那岐神
・伊邪那美神
・天照大御神
・八幡大神
・天津神八百万
・国津神八百万

天之御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神の三柱の神様は造化三神といわれます。
造化の三神によって天地万物、この世界が作られ、その御神徳は万物に宿り生命が生かされています。

伊邪那岐神と伊邪那美神は天つ神のご命令でこの地球を修理固成され、天照大御神は天つ神の御神意を地上に現される尊い神様です。

その教えは惟神の道(かんながらのみち)という言葉に集約されます。
惟神の道とは、神様と共に人生を歩むこと、と考えております。

神道大教について

大和八幡神社は教派神道の1つ「神道大教」に所属しています。
神道大教とは明治8年に設立された神道事務局に由来しており、御祭神は宮中三殿と同じ神様をお祀りしております。
140年の長きにわたり常に人々と共に歩んできました。

☆詳しい事を知りたい方はこちらへ・・・・神道大教のウェブサイト 


御祈願について

大和八幡神社では、御祈願・御祈祷を通して、あなたを応援します。
御祈願は神職が神様に願いを届け、あなたに御神徳を届けます。
御神徳は「安心感」です。

残念ながら御祈願・御祈祷をお受けになれば、あなたの願いが叶うとは申しあげられません。

しかし、「安心感」があるかないかでは、その後の結果に対するあなたの受け取り方が変わります。
「どんな結果でも、あなたの人生において意味がある」と思えれば、目標に向かうモチベーションが変わります。
モチベーションが変われば、努力の質が変わります。

御祈願は単なる「神頼み」ではありません。
神様とあなたの約束の機会でもあります。
それに神職が立ち会います。
あなたの「想い」を神様に届け、あなたと神様の橋渡しをします。

<御祈願の種類>

 厄年開運祈願
 交通安全祈願
 自動車・自転車清め祓い
 商売繁盛祈願
 恋愛繁盛祈願
 心願成就祈願
 安産祈願
 初宮詣
 学業成就祈願
 病気平癒祈願

 ・・・諸祈願

 



 地鎮祭(お家のお祓い)について

千葉県八千代市近郊の地鎮祭は大和八幡神社にお問い合わせ下さい。 女性神職が心を込めて、思い出に残るような祭典をご奉仕します。
お家のお祓いは家を建てる前に行う地鎮祭以外にも、解体清め祓い上棟祭、竣工祭、入居清め祓いなどがあります。
また、井戸や樹木、池の清め祓いもございます。

もし、あなたが何に不安に感じているか、どうしたいのかお話し頂ければ、希望に添った最適で安心のお家のお祓いをご案内します。



 予定表

地鎮祭などの予約可能日や神社の休日などをお知らせします。 地鎮祭や御祈願・参拝をご検討の方は、お問い合せや打ち合わせの前にこちらをご確認頂ければ、スムーズに予定が立てられます。


道案内

大和八幡神社は駅から少し離れた静かな場所にあります。
鳥の声、虫の声、森のざわめきに生命の喜びを感じる場所です。

参拝時間 : 9時から17時までです。

受付時間 : 8時30分から12時30分
       13時30分から17時30分

神社の休みは毎週水曜日と21日、その他・臨時休みがあります


<徒歩の場合>
京成本線「勝田台駅」、または東葉高速鉄道「東葉勝田台駅」で下車します。
南口の京成バス・勝田台団地線の「団地南」、
または、チバ内陸バス・み春野線の「勝田入口」にて下車してください。
バス停より約10分ほど歩きます。


<自動車の場合>
千葉北インターより柏方面の16号に出て、約10分程運転すると横戸交差点になります。
右折して、2カ所道幅か狭くなっている片側通行を抜けて、最初の信号で右折して下さい。





ブログ

アメーバブログさんにて「知りたい自分と語り合う~神道大教大和八幡神社ブログ~」を書いています。
一週間の神社の予定や日々のお仕事、境内の花の様子や八千代市周辺の見所など週4回程度更新しています。
地鎮祭などのお家のお祓いを検討中の方はこちらを御覧頂くと、地鎮祭の様子が分かるかと、存じます。



りんく

リンク掲載の皆様には日ごろの感謝を申しあげます。
更なるご発展をお祈り申し上げます。


神道大教本局
本局のブログ:神道大教のブログ
札幌八幡宮
扇森稲荷神社
聡哲鍼灸院



パソコン版ホームページもございます。
どうぞ合わせて御覧下さい。

-(C)2003神道大教大和八幡神社-