御祭神タイトル画像:春の神社の風景

大和八幡神社のホームページを御覧頂き、ありがとうございます。


神道大教 大和八幡神社はこんなところです。

一年中花が咲く神社です。
こじんまりとして、神様が近い神社です。
鳥の声、虫の声、風の音がBGMの神社です。
 


初夏の風景

■ 神道大教について

大和八幡神社は教派神道の1つ「神道大教」に所属しています。
神道大教とは明治8年に設立された神道事務局に由来しており、
御祭神は宮中三殿と同じ神様をお祀りしております。
140年の長きにわたり常に人々と共に歩んできました。

☆詳しい事を知りたい方はこちらへ・・・・神道大教のウェブサイト 
 

■ 大和八幡神社の御祭神について


・天之御中主神
・高皇産霊神
・神皇産霊神
・伊邪那岐神
・伊邪那美神
・天照大御神
・八幡大神
・天津神八百万
・国津神八百万

大和八幡神社の御祭神は神道大教本局の御祭神を頂き、
先代が信奉していました八幡神を合祀しております。
先代宮司が約20年前に住宅街の一室から始め、
ご縁と神様のお導きにより平成14年に八千代市勝田に鎮座し、現在に至ります。

大和とは私達の国・日本のことを差し、また「和」の精神は古来から受け継いでいる大切な日本の精神です。世界が「和」よって1つの大きな輪となり真の平和が訪れるようにと願いを込め、大和八幡神社と名付けられました。

天之御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神の三柱の神様は造化三神といわれます。
造化の三神によって天地万物、この世界が作られ、その御神徳は万物に宿り生命が生かされています。

伊邪那岐神と伊邪那美神は天つ神のご命令でこの地球を修理固成され、
天照大御神は天つ神の御神意を地上に現される尊い神様です。

その教えは惟神の道(かんながらのみち)という言葉に集約されます。
惟神の道とは、神様と共に人生を歩むこと、と考えます。
 
大和八幡神社の御祭神9柱

 
虹が架かったお社 

■ 不安を安心に変える神社


御神前で心を落ち着かせ、手を合わせ、一心にお祈りすれば、
必ず心に「感じるもの」がわき上がってまいります。
神道は「感じる」宗教です。
この「感じるもの」を大切にして、ご自身を活かす方法を考えれば、必ず道は拓けます。

人生には「悩み」や「不安」、「苦悩」が多く存在します。
あなたの「悩み」や「不安」を「安心」に変え「希望」を感じる場所が神社です。
神職はあなたが神様と向かいあい、
あなたの願いを神様にお届けする役目をしています。

悩みは誰にでもあります。しかし、悩みを神様に預けることもできます。

先代も一心に大和八幡の神様にお祈りを捧げました。
いろいろ苦労があったと思いますがそれを私には見せず、
ひたすら神様と向きあっておりました。
私も同じように神様に祈りを捧げ、感じたものをお勤めに活かしております。

不安や悩みに支配されず、どうぞあなたのお力をこの世界に活かしてください。

「勝田」(かつた)という縁起の良い地名に鎮座する大和八幡神社です。
大切な試合に勝った、試験に合格した、願いが叶ったなど感謝の言葉が届きます。

当社では、神様を身近に感じてもらえるような機会を設けております。
もし人生に疲れ、心が凝ってしまったときは悩み相談も承っております。

神様と向きあう時間は癒やしの”ひととき”です。
鳥や虫の声、風の音、木々のざわめきを聞きにお越し下さい。



■ 参拝時間について


参拝時間は9時から17時までです。

受付は8時30分から17時30分までです。

神社の休みは毎週水曜日と21日、その他・臨時休みがあります



千葉北インターから車で10分、
京成本線勝田台駅から徒歩で25分の静かな場所にある神社です。
外出している場合がありますが、どうぞゆっくりとお参りくださいませ。  


桜とお社


神社の予定はこちらを御覧下さい。






神社場所はこちらです。